女の人

人気のエリアでマンション売却を成功させよう|初めてでも安心ナビ

ローン返済に困ったら

貯金箱

返済途中の家を売る方法

マイホームを売ろうとする場合、住宅ローンの返済がすでに終わっているのであれば自由に売却することが可能です。しかし返済が続いているのであれば、ローンの残額を一括返済してからでなければ売ることができません。この際に問題となるのが、住宅ローンの返済が困難になったことを理由として売却を行う場合です。当然、一括返済できるだけの資金は用意できません。このような場合は、住宅ローンの取扱者である金融機関や保証会社などの債権者と相談し、売却代金を一括返済の原資に充てることを前提として売却に同意してもらうことになります。このような住宅の売却方法を、任意売却といいます。一般的には、住宅ローンの滞納が始まって数か月程度経過した時点で債権者と交渉し、実行することになります。

競売と比べて利点が多い

もし住宅ローンを滞納し、督促にも応じずにいると、債権者は裁判所の許可を得て競売を行うことになります。競売とは入札形式で住宅を強制的に処分することをいいます。しかし競売は双方にとってデメリットの多い手段です。手続きは煩雑ですし、応札者が現れなければ最低入札価格を引き下げてやり直しをしなければならなくなります。また、官報公告によって近隣の人に競売を知られてしまうおそれもあります。これに対して任意売却なら、当事者の話し合いによって手続きを進められるので、プライバシーは保たれます。また、一般に競売よりも任意売却の方が売却価格が高めになる傾向があるため、ローンの残額と相殺できる額も必然的に多くなります。というのも任意売却は不動産仲介業者に依頼して買い手を探すことになるため、市価に近い価格で売却できる可能性が高いからです。